2011年11月26日ワークショップ 【プログラミングで宇宙アニメを作ろう!】

1126日にMarble workshopによる初のワークショップを実施いたしました!午前中の小学生クラス、午後の親子クラスを合わせ総勢55名の参加者とフリー体験参加者の方々と共に楽しい時間を過ごすことができました。沢山のご応募、また参加された多くの方々にお礼を申し上げます。

記念すべき第一弾は、VISCUITワークショップ。

VISCUITはパソコン上で書いた自分の絵を簡単に動かすことができ、

<アニメーションやゲームを作れるプログラミング言語です。

 

VISCUIT WEBSITE >>> http://www.viscuit.com/

そして、今回ご協力いただいたのは、はまぎんこども宇宙科学館!!っということで、宇宙をテーマに参加者みんなで、思い思いの宇宙を描くことに。「大気圏」「火星」「宇宙の果て」「月」「ブラックホール」をバックグランドに、星や宇宙人などオリジナリティあふれる作品を作りました。

 

当日の作品はこちらからごらんいただけます!

>>> http://www.viscuit.com/index.php/workshop/20111126

タブレットPCに向かって、絵を描く子どもたちの姿は真剣そのもの。

中には、人工衛星はやぶさやカラフルでかわいい宇宙人など思いもよらない大作の数々・・・。

  さらに、なぜだか火星にマクドナルドが出現!!宇宙を飛び交うハンバーガーやポテトに会場は大盛り上がり。それを見た大気圏ゾーンでは、うさぎやドラえもんが生まれ・・・、互いが良い刺激となってVISCUIT宇宙の進化は留まることを知りませんでした。

また、アンケートには、「友達ができた。」や「幼稚園でもやりたい。」という嬉しいお声も。

親子で作品を見せ合ったり、アニメーションの作り方を教えあったりと普段とは少し違った会話や動作で、新たなコミュニケーションが生まれ、新たな発見があったのではないでしょうか。今回、参加された方々が何か一つでも、“発見”を持って帰ってくれたらと私たちは願っています。

参加された多くの方々、はまぎんこども宇宙科学館の皆様のご協力があり、Marble Workshop初のワークを無事に終了できましたことを心より感謝申し上げます。

どうもありがとうございました!!

 

文責:河合理美